月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪入賞の3000m障害三浦、1500m田中がセイコーゴールデングランプリにエントリー!


5月8日に東京・国立競技場で開催されるセイコーゴールデングランプリの男子3000m障害、女子1500mの出場選手が発表された。

男子3000m障害には、昨年東京五輪7位入賞で日本記録保持者(8分09秒92)の三浦龍司(順大)が出場予定。その他にも、山口浩勢(愛三工業)、青木涼真(Honda)の五輪代表メンバーがエントリーした。

女子1500mには、五輪で同種目日本人初の入賞(8位)を果たした田中希実(豊田自動織機)、同じく五輪代表の卜部蘭(積水化学)が出場を予定している。

既に男子100m、男子110mハードル、400mハードル、女子100mハードルの出場予定選手が発表されており、今後もエントリー選手などが決定・追加されていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com