月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

GMO新監督に亀鷹律良氏 3月まで中央発條で指揮 原晋氏「EKIDENダイレクター」就任


GMOインターネット(GMOアスリーツ)は4月7日、3月31日付で退任した花田勝彦監督の後任に、中央発條で3月まで監督を務めていた亀鷹律良氏が、これまでチームのアドバイザーを務めていた青学大長距離ブロック監督の原晋氏が「EKIDENダイレクター」に就任した。いずれも4月1日付。

岡山県出身の亀鷹氏は60歳。水島工高から1980年に旭化成に入社すると、全日本実業団対抗駅伝では86年の1区、90年の4区で区間賞を獲得し、いずれもチームの優勝に貢献している。引退後は実業団の芙蓉、トヨタ紡織、NTN、キヤノンアスリートクラブ九州で監督を務め、2019年から中央発條で指揮を執っていた。

また、EKIDENダイレクターは駅伝強化に特化するために新設したポジション。同社は、亀鷹氏の監督、原氏のEKIDENダイレクターの就任を機に「悲願のニューイヤー駅伝優勝に向けて、 さらなるブーストをかけてまいります」としている。

また、中央発條は4月1日付で佐藤雄治コーチが監督に昇格したことを発表している。

亀鷹律良監督のコメント
「このたびGMOインターネットグループ陸上長距離チームの監督に就任することになりました。 求められる目標は高いですが、 選手たちには競技を通じて生き残り、 勝ち組となってほしいと思っています。 頑張り続けるだけでは夢はかないません。 選手たちが本気になって陸上競技と向き合えるよう指導していくとともに、 チーム一丸となりあらゆる壁をクリアして、 目標とするNO.1を達成するために全力を尽くします。応援してくださるファンの皆さまに最高の喜びを与えられるチームを目指します」

原晋・EKIDENダイレクターのコメント
「チームを継続して発展させていくには改革が必要です。 私たち青山学院大学陸上競技部が箱根駅伝の常勝軍団に至るまでにも、 既存の方法にとらわれず改革を繰り返してきました。『陸上競技を通して多くのファンに感動を与え、 陸上界に華やかな文化を作り上げたい』GMOインターネットグループ陸上長距離チームのその想いに共感し、 今回、 EKIDENダイレクターという新たなポジションでニューイヤー駅伝優勝に向けた新体制をサポートいたします。 私が指導者として培ったノウハウを、 GMOインターネットグループでも役立てられるよう亀鷹新監督と連携してまいります」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com