月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

アツオビン・ジェイソンが18m22!学生4人目、大学1年生で初の18m超え


3月20日に行われた第2回福岡大春季記録会の男子砲丸投で、アツオビン・ジェイソン(福岡大1)が18m22をマークした。この記録は日本歴代8位、日本人史上12人目の18m超え。学生歴代3位で、大学3年目までに18mを超えたのはこれが初めてとなる。

アツオビンは一般規格(7.26kg)で昨年17m66を投げ、U20規格(6kg)でも19m28を持つ。いずれもU20日本記録。6kgは高校記録19m28を保持している。昨年は1年生ながら日本インカレも優勝した。日本陸連のダイヤモンドアスリートにも選ばれている。

■男子砲丸投学生歴代5傑
18.64 山田壮太郎(法大4) 2009.10. 5
18.53 野口 安忠(日大4) 1998. 5. 3
18.22 アツオビン・ジェイソン(福岡大1+)2022.3.20
18.03 畑瀨  聡(日大4) 2004. 7. 3
17.90 森下 大地(筑波大5) 2017. 6. 9

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com