月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

セイコー入りの五輪代表デーデー・ブルーノが意気込み「記録どんどん更新したい」

セイコーホールディングスは3月16日に会見を行い、デーデー・ブルーノ(東海大)と所属契約、競泳の大橋悠依とサポート契約を結んだことを発表した。

昨年、飛躍を遂げた短距離のホープの新しいステージが決まった。日本選手権100mと200mで2位に入り、東京五輪4×100mリレーの代表(補欠)にも選ばれたデーデー・ブルーノ(東海大)。「あこがれ」と語る日本記録保持者・山縣亮太と同じセイコー所属となる。

セイコーを選んだ理由に「山縣さんが所属されていたことと、求めているタイムに寄り添ってくれる企業だと思った」と挙げたデーデー。その山縣は「まさか同じチームで競技ができると思っていなかった」と言い、デーデーについて、「普段は柔らかくて素直な性格ですが、肝が据わっている」と印象を明かす。

デーデーはセイコーについて「陸上をやる前から、ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)が世界記録を出した時のタイマーが印象に残っています」と語る。

練習拠点は変わらず東海大となるが、「社会人となって使える時間が増えると思うのでもっとストイックになりたい」と社会人としてより競技に集中していく構え。今季の最大目標は夏のオレゴン世界選手権で、「まずは参加標準記録10秒05の突破を目指したい」と決意を語った。

発表会見では、TEAM SEIKOとして名刺と、「SEIKO PROSPEX SPEEDTIMER」特製ウォッチが贈られた。名刺には自己ベスト10秒19が刻まれており、「名刺を持つのが初めてでうれしいです。たくさん記録を更新して、たくさん作り直してもらえるように頑張ります」と初々しく話した。

デーデーは長野県出身の22歳。長野・創造学園高2年から陸上を始め、翌年のインターハイでは100m5位に入賞した。東海大では高野進監督の下で成長を遂げ、4年だった昨年は一躍トップスプリンターの仲間入りを果たした。100mは10秒19、200mで20秒63の記録を持つ。

今季は4月の出雲陸上、織田記念、5月の静岡国際、セイコーゴールデングランプリへの出場を予定している。


SEIKO PROSPEX SPEEDTIMERを腕にポーズを決めるデーデー・ブルーノ(提供写真)


銀座・和光本館屋上の時計をバックにTEAM SEIKOで記念撮影(提供写真)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com