月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東洋大の松山和希が終盤の猛追で3位を確保「ユニバでは積極的なレースを」/日本学生ハーフ

◇第25回日本学生ハーフマラソン選手権(3月13日/東京・立川市)

東洋大の松山和希(2年)が3位に入り、3年前に金メダルを獲得した相澤晃(現・旭化成)に続く、FISUワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)における東洋大の連続出場を死守した。

「優勝を狙っていたので3位という順位は悔しいですが、最低限ユニバーシティゲームズの代表をつかめたので、そこは次につなげていきたいです」と、レース後はホッとした表情を浮かべた松山。1ヵ月前の全日本実業団ハーフで日本人学生歴代2位の1時間0分43秒と好タイムをマークしていたが、2ヵ月連続でピークを持ってくる難しさもあったようだ。

レースは第2集団のさらに後方で推移。「自分はアップダウンが得意。公園内まではリラックスして走り、公園に入ったら仕掛けるという(優勝した)平林(清澄)選手のような走りがしたかったのですが、そこまでに力を使ってしまい、思ったようなレースができなかったです」と振り返る。

17km地点では先頭を独走していた平林から15秒以上遅れた8番手を走っていたが、そこからが松山の真骨頂だった。

「前の集団のペースが落ちてきたこともありますが、ラスト4kmから切り替え、1人ひとり捕らえることができました。レース中に酒井(俊幸)監督から『最低限3位以内だぞ』と言われて、自分でも強く意識して走っていました。最後に中西大翔選手(國學院大)にかわされてしまったのは反省ですね」

2位と同タイムの1時間2分02秒は自己記録からは1分以上も遅く、「60点くらい」と厳しい自己採点だが、最低限の3位以内は確保した。今後は「10000m27分台を狙いたい」と話し、トラックでスピードを磨いていくつもりだ。

6月末から始まるユニバーシティゲームズに向けては「初めての世界大会なので、しっかりチャレンジして、積極的なレースを展開したい。上位以内に食い込めれば」と意気込みを口にする。

2年連続で箱根駅伝のエース区間である2区を任されている「鉄紺のエース」が、3年目でのさらなる飛躍を誓った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com