月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

國學院大が大会を席巻!2位の中西大翔「箱根で勝負できるチーム作りをしていきたい」/日本学生ハーフ

◇第25回日本学生ハーフマラソン選手権(3月13日/東京・立川市)

優勝した平林清澄(國學院大1)がフィニッシュしてから12秒後、2位でやってきたのは平林の2学年先輩・中西大翔(國學院大3)だった。

自己記録を1分57秒も更新する1時間2分02秒。同タイムながら3位の松山和希(東洋大2)を抑えた。

「(先頭を走る)平林に集団でじっくり追いついて行こうと思いましたが、思ったよりも広がってしまったので、2位争いに切り替えました。ラストには自信があったので、我慢して仕掛けて、ラスト400mで仕掛けて勝ち切ることができました」

國學院大は平林、中西のワン・ツーだけでなく、伊地知賢造(2年)が8位に入ってトリプル入賞を達成。青学大、順大、駒大など箱根駅伝の上位3校が1人も入賞者を出せなかった中で大いに存在感を発揮した。

この結果を受け、平林とともに6月から中国・成都で開催されるFISUワールドユニバーシティゲームズの代表に内定。國學院大は3年前の同選考会で土方英和(現・Honda)が4位、浦野雄平(現・富士通)が5位で代表を逃し、昨年は島崎慎愛(現4年)が3位で内定を得ながら、大会自体が延期となって白紙となった過去がある。それだけに2人が代表権を勝ち取ったことに前田康弘監督も「この大会に合わせてきたので、それがうまくハマってくれた。土方たちが代表を逃してから地獄の立川が続いていましたから、ようやく悲願を達成しました」と感無量の様子だった。

國學院大は2019年の出雲駅伝で初優勝して学生駅伝初タイトルを獲得。翌年の箱根駅伝では過去最高成績の3位に入り、強豪校の仲間入りを果たした。今季は出雲4位、全日本7位、箱根8位と思ったような成果を残せなかったが、中西が新主将に就任し、チームは変わりつつある。

「キャプテンとして結果で示していくことが重要になっていきますし、こうやってユニバの代表に2人がなれたので、いいスタートになったと思う」と中西。今後の課題には「中間層の底上げ」を掲げ、「箱根で勝負できるチーム作りをしていきたい」と話した。

前田監督は「日本代表としてやるべきことが出てくる。ここからのプランを明日から考えていきたい」と、ユニバーシティゲームズに向けて抜かりなく準備を進めていく構えだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com