月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

飯塚翔太 300mで日本歴代3位の32秒37 染谷佳大が200m20秒77/中大タイムトライアル


中大タイムトライアルが3月13日、東京・中大グラウンドで行われ、男子300mでは飯塚翔太(ミズノ)が日本歴代3位、アジア歴代4位の32秒37をマークした。この種目の日本最高記録は藤光謙司(ゼンリン)が2015年4月の出雲陸上で出した32秒21で、アジア最高記録でもある。

飯塚は200mを専門に、五輪では2012年ロンドン大会から昨年の東京大会まで3大会連続で出場した。自己ベストは20秒11(日本歴代3位/16年)。16年リオ五輪では4×100mリレーの2走として銀メダルに貢献している。

このトライアルでは、染谷佳大(大和ハウス)が100mでサードベストの10秒39(+2.0)、200mでサードベストタイの20秒77(+1.6)をマークしている。

■男子300m日本歴代5傑
32.21 藤光 謙司(ゼンリン) 2015年
32.29 金丸 祐三(法大) 2009年
32.37 飯塚 翔太(ミズノ) 2022年
32.39 高瀬  慧(富士通) 2014年
32.45 ウォルシュ・ジュリアン(東洋大) 2017年

■男子300mアジア歴代5傑
32.21 藤光 謙司(ゼンリン) 2015年
32.28 F.D.アルシャマリ(クウェート) 2004年
32.29 金丸 祐三(法大) 2009年
32.37 飯塚 翔太(ミズノ) 2022年
32.38 M.アルマルキー(オマーン) 1988年

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com