月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

棒高跳フランス帰りの山本聖途が5m60 世界選手権&日本記録へ手応え/日本選手権室内


◇日本選手権・室内競技(3月12、13日/大阪城ホール)

男子棒高跳は、オリンピック3大会代表の山本聖途(トヨタ自動車)が5m60で制した。優勝を決めたあとは、オレゴン世界選手権の参加標準記録5m80にバーを上げ惜しい跳躍。「自信はありました」と胸を張るほど、手応え十分だった。

東京五輪を終えて、山本は大きな決断をする。12月にフランスへ渡った。「8年前に会ってから、ずっと指導を受けたかった」というダミアン・イノセンシオコーチに再アプローチ。前世界記録保持者のルノー・ラヴィレニらを指導した名指導者は東京五輪まで中国チームと契約していたが、五輪後にようやく山本に「いいよ」と快諾。そのままフランスへ飛び込んだ。

現地ではウエイトトレーニングに加え、室内練習場もあるため週2回跳躍練習でみっちり技術をたたき込んだ。なによりも「プロコーチとして接してくれて、自信をつけさせてくれた」と、見失いつつあった自信を取り戻すきっかけをくれたという。

現地ではフランス室内選手権に出て5m71をジャンプ。今大会では5m40から試技をスタートさせて1回で成功させ、5m60を3回目にクリアした。5m80は惜しくも成功しなかったが、「助走のテンポアップもよくて駆け上がれた。感触は2、3回目は良かった」と言う。

日本歴代2位の5m77(室内)を持ち、中京大時代から日本記録を期待されてきた逸材は、2日前に30歳になった。「今日の反省を生かして5m80、いや、5m90をは跳びたいです」。世界と戦う準備が、いよいよ整い始めた。

◇東京五輪代表の江島雅紀は2位

東京五輪に出場した江島雅紀(富士通)は2位。記録は5m40にとどまったが、5m80も見えるような大ジャンプを披露した。わずかに身体がバーに触れたが、「ポールを変えて初めての試合で、新しいスタートを切れました」と充実感を漂わせる。

この冬はウエイトトレーニングで上半身をしっかり強化。今後は「高校時代を思い出して、毎週のように試合に出て仕上げていきたい」と、世界選手権と日本記録(5m83)の更新へ強い決意をにじませていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com