月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

チェプンゲティチ2時間17分18秒! 女子単独レース世界歴代2位でV/名古屋ウィメンズマラソン


◇名古屋ウィメンズマラソン2022(3月13日/バンテリンドームナゴヤ発着)

2019年世界選手権金メダリストのルース・チェプンゲティチ(ケニア)が女子単独レース世界歴代2位の2時間17分18秒(大会新)で優勝を果たした。

序盤からハイペースで展開。5kmを16分34秒で通過すると、6kmで2019年世界選手権チェプンゲティチが飛び出す。10km32分43秒、15km49分14秒、中間点1時間9分03秒、30kmを1時間38分13秒で通過した。

30km過ぎで世界歴代4位の2時間17分45秒を持つロナ・チェムタイ・サルペーター(イスラエル)に追いつかれたが、34kmで再び振り切って、そのまま独走した。

2019年ドバイ(男女混合レース)で出した自己ベスト2時間17分08秒(世界歴代4位)には届かなかったが、M.ケイタニー(ケニア)が持つ女子単独レース世界最高(2時間17分01秒/2017年)に次ぐ歴代2位の記録でフィニッシュした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com