月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

平林清澄が1年生優勝!2位の中西大翔と國學院大ワン・ツー/日本学生ハーフマラソン

◇第25回日本学生ハーフマラソン選手権(3月13日/東京・立川市)

6月から中国・成都で開催されるワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)の代表選考会も兼ねた第25回日本学生ハーフマラソン選手権が13日に東京・立川市で行われ、國學院大のルーキー・平林清澄が1時間1分50秒で制した。

強風が吹き荒れた前回大会から一転、さほど風を感じない晴天下でレースはスタート。30人ほどの先頭集団は5kmを14分29秒で通過し、ややハイペースで集団は進んだ。

14km手前で平林が抜け出し、17km地点で2番手争いは明大の富田峻平、中央学院大の吉田礼志、東農大の高槻芳照の3人、少し遅れて5番手は國學院大の中西大翔という展開に。

平林はそのまま逃げ切り1年生優勝を達成し、2位争いは中西が制して國學院大がワン・ツー。3位には残り4km地点で2位争いから5秒以上遅れをとっていた松山和希(東洋大)が入った。

■日本学生ハーフマラソン選手権
1位 平林清澄(國學院大1) 1.01.50
2位 中西大翔(國學院大3) 1.02.02
3位 松山和希(東洋大2)  1.02.02
4位 富田峻平(明大3)   1.02.10
5位 高槻芳照(東農大2)  1.02.19
6位 吉田礼志(中央学大1) 1.02.21
7位 小澤大輝(明大3)   1.02.22
8位 伊地知賢造(國學院大2)1.02.22

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com