月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表の兒玉芽生が11秒71&24秒32でシーズンイン/福岡大春季記録会

12日、福岡大春季記録会が行われ、昨年の東京五輪女子4×100mリレー代表の兒玉芽生(福岡大)が100mと200mにの2種目に出場。それぞれ11秒71(+1.8)、200m24秒32(-0.3)をマークした。

昨年は故障もありながら日本選手権では100m2連覇と200mの2冠を果たし、女子短距離界のエースの地位を築いた兒玉。今春、大学を卒業し、4月からミズノに入社して競技を続ける。今季の目標として7月の世界選手権出場と100m、200mでの日本記録更新を掲げており、上々のシーズンインとなった。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com