月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山口浩勢が3000mで7分56秒19の自己新 800m金子魅玖人が1分47秒29/シドニー・トラック・クラシック


12日、豪州・シドニーで世界陸連コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのシドニー・トラック・クラシックが行われ、男子3000mで東京五輪男子3000m障害代表の山口浩勢(愛三工業)が自己新の7分56秒19で10位に入った。

山口は1000mを2分40秒、2000m5分20秒前後で通過すると、ラスト1000mでペースを上げ、自身初の7分台をマークした。

また、男子800mでは金子魅玖人(中大)がサードベストの1分47秒29で3位と健闘。別の組で出場した館澤亨次(DeNA)は1分52秒49だった。このほか、女子400mハードルの伊藤明子(セレスポ)が59秒36で3位、男子走高跳の男子走高跳では佐藤凌(タカトミクラブ)が2m11で4位に入っている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com