月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子20km競歩・五輪代表の藤井菜々子が日本人過去最高の5位入賞/世界競歩チーム選手権


◇第29回世界競歩チーム選手権(3月4日/オマーン・マスカット)

第29回世界競歩チーム選手権の女子20kmが3月4日、オマーンの首都マスカットで行われ、日本からは東京五輪代表の藤井菜々子(エディオン)が出場。1時間33分16秒でフィニッシュし、5位入賞を果たした。

藤井は10kmは4位集団に位置して46分05秒で通過。17kmまではA.ゴンザレス(メキシコ)と4位で歩を進めるが、ラストは競り負けた。それでも5位を死守。この大会で日本人女子最高順位となった。オレゴン世界選手権の派遣設定記録(1時間30分00秒)には届かなかったが、世界大会入賞という結果で、2度目の世界選手権代表入りへアピールした。藤井は19年ドーハ世界選手権で7位入賞。昨年は東京五輪に出場して13位だった。

レースは世界記録保持者の楊家玉(中国)が序盤飛び出し、中盤以降は馬震霞(中国)との一騎打ちに。17kmで馬が仕掛けて一気に勝負を決めた。馬が1時間30分22秒で優勝。楊が1時間31分54秒で2位、3位にK.ガルシア・レオン(ペルー)が入っている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com