月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子三段跳のロハスが自身の世界記録に迫る15m41! 女子1500mはツェガイが圧勝/WA室内ツアー

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

3月2日、WA(世界陸連)室内ツアー・ゴールドの競技会がマドリード(スペイン)で開催され、女子三段跳では東京五輪金メダリストのY.ロハス(ベネズエラ)が15m41の今季世界最高で優勝した。自身の持つ室内世界記録の15m43(20年)にあと2cmに迫るパフォーマンス室内世界歴代2位の好記録だった。

昨年の東京五輪で15m67の世界新記録を跳んで制したほか、16年リオ五輪では銀メダル、世界選手権は17年ロンドン、19年ドーハと2大会連続で金メダルを獲得している。今年は2月に走幅跳で6m81を跳んでいるが、三段跳はこれが2022年初めての出場だった。

男子3000mは東京五輪10000m金メダルのS.バレガ(エチオピア)が7分34秒03で制覇。東京五輪3000m障害銀メダルのL.ギルマ(エチオピア)が7分34秒09、先月欧州選手権を樹立したA.メチャール(スペイン)が7分35秒26で3位と続いた。

女子1500mでは室内世界記録(3分53秒09)保持者のツェガイ(エチオピア)が3分57秒38の大会新記録で圧勝。女子400mではJ.シュエンテ(ポーランド)が勝ち、51秒21の大会記録を樹立した。男子800mは今季すべてのレースで2位以内に入ってるE.ジャイルズ(英国)が1分45秒43で優勝した。

WA室内ツアーゴールドはこの大会が最終戦だった。シルバー、ブロンズラベルの大会は3月7日のベオグラード(セルビア)まで5大会が予定されている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com