月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪女子走幅跳金のミハンボが今季世界最高の6m96でV/WA室内ツアー

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

2月20日、WA(世界陸連)室内ツアー・シルバーの競技会がデュッセルドルフ(ドイツ)で開催され、女子走幅跳でM.ミハンボ(ドイツ)が今季世界最高の6m96で優勝した。ミハンボは19年ドーハ世界選手権、東京五輪金メダリスト。来週行われるドイツ室内選手権の60mと走幅跳に出場予定で、室内シーズンはそこで締めくくる意向を示している。

2月19〜20日にはボリビア・コチャバンバで南米室内選手権大会が開催され、男子60m(19日)でF.バルジ(ブラジル)が6秒62で優勝した。女子60m(19日)は17年ロンドン世界選手権100m7位のR.サントス(ブラジル)が7秒24で制覇。この大会は南米で唯一の室内陸上競技場(標高2577m)で行われた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com