月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

18年世界室内男子800m金メダリストのクシュチョトが現役引退 世界選手権でも2度の銀


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
男子800mで2018年世界室内金メダリストのA.クシュチョト(ポーランド)が引退を表明した。

ポーランド中部のオポチュノ出身のクシュチョトは、現在32歳。2007年の欧州ジュニア選手権で銅メダルを獲得するなど、早くから国際大会で活躍していた。世界選手権では15年北京、17年ロンドンの2大会連続で銀メダルに輝いたほか、世界室内でも10年に銅メダル、14年に銀メダルも手にしている。また、欧州選手権では12年から3連覇を達成し、ヨーロッパ王者として長く君臨した。

室内での自己ベスト1分44秒57(12年)は室内世界歴代10位。屋外での自己記録は1分43秒30(11年)。14日には引退試合としてフランス・ヴァルドゥルイユで開催された世界陸連室内ツアー・シルバー大会の男子1000mに出場し、2分19秒14(2位)でフィニッシュした。

引退後は家族と過ごす時間を楽しみにしていると語り、書籍の出版の計画と次世代に自分の陸上競技での経験を伝えたいという考えを示している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com