月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

名古屋ウィメンズの招待選手が発表!東京五輪10000m代表の安藤友香、海外勢は2時間17分台のチェプンゲティチ、サルペーターら

3月13日に愛知・バンテリンドーム ナゴヤ発着で開催される名古屋ウィメンズマラソンの招待・エリート選手が発表された。

招待競技者には、17年ロンドン世界選手権代表で昨年の東京五輪は10000mで出場した安藤友香(ワコール)をはじめ、川内理江(大塚製薬)、田中華絵(第一生命)、和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント)、細田あい(エディオン)の5名が選出。

海外からは世界歴代4位の2時間17分08秒を持つルース・チェプンゲティチ(ケニア)や、20年の東京で同8位(当時6位)となる2時間17分45秒で優勝したロナチェムタイ・サルペーター(イスラエル)、19年ロンドン7位の実績を持つ44歳のシニード・ダイバー(豪州、自己記録2時間24分11秒)が招待された。

エリートの部からも2時間23分52秒の自己ベストを持つ岩出玲亜(千葉陸協)、19年ドーハ世界選手権代表の池満綾乃(鹿児島銀行)、17年ロンドン世界選手権代表の清田真央(スズキ)ら実績ある選手たちが集い、この他にもマラソン本格参戦となる18年アジア大会10000m代表の山ノ内みなみ(ラフィネ)や、大学女子駅伝で強烈なインパクトを残してきた鈴木優花(大東大)が名を連ねた。

ペースメーカーは1月の大阪国際女子マラソンで2時間22分29秒の好タイムで2位に食い込んだ上杉真穂(スターツ)や、五輪・世界選手権のトラック種目で6度の入賞経験のある35歳のスサン・クルミンス(オランダ)らが務める。

大会は7月のオレゴン世界選手権や9月の杭州アジア大会の代表選考会を兼ねているほか、来年の秋に予定されているパリ五輪代表選考会のMGC出場権も懸かっている。

招待選手は次の通り。所属先の右隣は自己ベスト。

安藤 友香(ワコール) 2.21.36
川内 理江(大塚製薬) 2.25.35
田中 華絵(第一生命グループ) 2.26.19
和久 夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 2.26.30
細田 あい(エディオン) 2.26.34
R.チェプンゲティッチ(ケニア) 2.17.08
L.C.サルピーター(イスラエル) 2.17.45
シニード・ダイバー(豪州) 2.24.11

※記事内容に一部誤りがあったため修正しました

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com