月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権クロカンのエントリー発表 相澤晃、三浦龍司、塩尻和也、石田洸介、佐藤圭汰ら豪華顔ぶれ!田中希実、不破聖衣来も登録


2月26日に福岡県の海の中道海浜公園で開催される、第105回日本陸上競技選手権大会クロスカントリーのエントリーリストが発表された。

男子(10km)にはリオ五輪で3000m障害に出場した塩尻和也(富士通)、東京五輪で同種目7位入賞を果たした三浦龍司(順大)、10000m日本記録保持者で東京五輪代表の相澤晃(旭化成)、第102回大会(12km)を制している東京五輪5000m代表の坂東悠太(富士通)ら有力選手らがそろった。また、出雲・全日本の各駅伝で区間賞を獲得した地元出身の石田洸介(東洋大)に加え、1500m、3000m、5000mの高校記録保持者の佐藤圭汰(洛南高)もシニアにエントリーした。

女子(8km)には東京五輪1500m8位の田中希実(豊田自動織機TC)をはじめ、小林成美、山本有真ら名城大の4名の選手、前回大会のU20を制している不破聖衣来(拓殖大)、3000m障害で東京五輪に出場した山中柚乃(愛媛銀行)が登録している。

U20には今年行われた全国高校駅伝や全国都道府県対抗女子駅伝で快走を見せた選手たちが多数エントリー。男子(8km)は全国高校駅伝で1区区間賞を取った森下翔太、同大会で7区区間賞を取った村上響(共に世羅高)ら、女子(6km)は全国高校駅伝で4区区間賞の明貝菜乃羽(薫英女学院高)や細谷愛子(立命館宇治高)らが登録した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com