月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

現役復帰の大迫傑「一番は走るのが好き」ロス五輪を見据えてレース復帰は秋以降


突然の引退表明、そして東京五輪マラソン6位入賞を果たした大迫傑が、またも「衝撃」の現役復帰を表明した。

ラストランから約7ヵ月。やはりこの男が日本長距離界には必要だ。2月7日、現役復帰を明かした大迫が自身の公式YouTubeで現在の思いを明かす。

「またプロのランナーとして走り出す決意を致しました」

東京五輪まで走り続けてきたことに対して、「全部出し切ってゴールしたのは偽りがない」と大迫。その後は「戻ることを考えず、心身共に休んだ」。その結果、「今まで陸上でしか頭を満たしていなかったところを“から”にしたことで、広い視点で見ることができようになった」とも。それも「(一度)ゴールしたからこそたどり着いた」という。

結果的に「長期休養」したかたちに。その間、現役選手やジュニア世代の指導やサポートに尽力してきたが、「背中を見せるところから、押すところに変わったと思ったが、背中を押しつつ、背中を見せていければいい」という考えに至った。現役として活動しながら「サポートできれば(日本陸上界が)どんどん上にいける」。世界を目指す選手には「一歩を踏み出せない人が多い」と大迫。「彼らにヒアリングして、スポーツ選手としてどういったことを実現していきたいか、一緒になって伴走していけたら」と思いを明かす。

そして、印象に残ったのがこの言葉。

「一番は走ることが好き」

走ることで自分の軸があり、生活も精神的にもブレることがないと語る。

自身が立ち上げた会社「I」からも情報を発信。今後は「トレーニングを重ね、秋以降の(試合)出場を目指す」という。また、プロランナーとして活動しながら、今後も後進の育成・指導にも関わり、「自分ファースト」「地元ファースト」などビジョンを達成し、「SugarEliteキッズ」でアスリートと触れ合えるようにしたり、「各地にいって、地域の良さを発信したい」とも。

大迫は「パリ五輪(を目指す)というのは期間が短いが、(28年)ロス五輪を狙えるような努力、準備をしていけば、新しい先が見える」と語る。

一度は成し遂げ、一度は離れたからこそ、再び走り出す決意をした大迫。その走りで、その背中で、日本陸上界をより高みへと導いていく。

東京五輪マラソン6位の大迫傑さんが現役復帰へ!「今はただ、またレースを走ってみたい」
大迫傑の公式YouTube

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com