HOME ニュース、国内

2022.02.08

現役復帰の大迫傑「一番は走るのが好き」ロス五輪を見据えてレース復帰は秋以降
現役復帰の大迫傑「一番は走るのが好き」ロス五輪を見据えてレース復帰は秋以降


突然の引退表明、そして東京五輪マラソン6位入賞を果たした大迫傑が、またも「衝撃」の現役復帰を表明した。

ラストランから約7ヵ月。やはりこの男が日本長距離界には必要だ。2月7日、現役復帰を明かした大迫が自身の公式YouTubeで現在の思いを明かす。

「またプロのランナーとして走り出す決意を致しました」

東京五輪まで走り続けてきたことに対して、「全部出し切ってゴールしたのは偽りがない」と大迫。その後は「戻ることを考えず、心身共に休んだ」。その結果、「今まで陸上でしか頭を満たしていなかったところを“から”にしたことで、広い視点で見ることができようになった」とも。それも「(一度)ゴールしたからこそたどり着いた」という。

結果的に「長期休養」したかたちに。その間、現役選手やジュニア世代の指導やサポートに尽力してきたが、「背中を見せるところから、押すところに変わったと思ったが、背中を押しつつ、背中を見せていければいい」という考えに至った。現役として活動しながら「サポートできれば(日本陸上界が)どんどん上にいける」。世界を目指す選手には「一歩を踏み出せない人が多い」と大迫。「彼らにヒアリングして、スポーツ選手としてどういったことを実現していきたいか、一緒になって伴走していけたら」と思いを明かす。

そして、印象に残ったのがこの言葉。

「一番は走ることが好き」

走ることで自分の軸があり、生活も精神的にもブレることがないと語る。

自身が立ち上げた会社「I」からも情報を発信。今後は「トレーニングを重ね、秋以降の(試合)出場を目指す」という。また、プロランナーとして活動しながら、今後も後進の育成・指導にも関わり、「自分ファースト」「地元ファースト」などビジョンを達成し、「SugarEliteキッズ」でアスリートと触れ合えるようにしたり、「各地にいって、地域の良さを発信したい」とも。

大迫は「パリ五輪(を目指す)というのは期間が短いが、(28年)ロス五輪を狙えるような努力、準備をしていけば、新しい先が見える」と語る。

一度は成し遂げ、一度は離れたからこそ、再び走り出す決意をした大迫。その走りで、その背中で、日本陸上界をより高みへと導いていく。

東京五輪マラソン6位の大迫傑さんが現役復帰へ!「今はただ、またレースを走ってみたい」
大迫傑の公式YouTube

突然の引退表明、そして東京五輪マラソン6位入賞を果たした大迫傑が、またも「衝撃」の現役復帰を表明した。 ラストランから約7ヵ月。やはりこの男が日本長距離界には必要だ。2月7日、現役復帰を明かした大迫が自身の公式YouTubeで現在の思いを明かす。 「またプロのランナーとして走り出す決意を致しました」 東京五輪まで走り続けてきたことに対して、「全部出し切ってゴールしたのは偽りがない」と大迫。その後は「戻ることを考えず、心身共に休んだ」。その結果、「今まで陸上でしか頭を満たしていなかったところを“から”にしたことで、広い視点で見ることができようになった」とも。それも「(一度)ゴールしたからこそたどり着いた」という。 結果的に「長期休養」したかたちに。その間、現役選手やジュニア世代の指導やサポートに尽力してきたが、「背中を見せるところから、押すところに変わったと思ったが、背中を押しつつ、背中を見せていければいい」という考えに至った。現役として活動しながら「サポートできれば(日本陸上界が)どんどん上にいける」。世界を目指す選手には「一歩を踏み出せない人が多い」と大迫。「彼らにヒアリングして、スポーツ選手としてどういったことを実現していきたいか、一緒になって伴走していけたら」と思いを明かす。 そして、印象に残ったのがこの言葉。 「一番は走ることが好き」 走ることで自分の軸があり、生活も精神的にもブレることがないと語る。 自身が立ち上げた会社「I」からも情報を発信。今後は「トレーニングを重ね、秋以降の(試合)出場を目指す」という。また、プロランナーとして活動しながら、今後も後進の育成・指導にも関わり、「自分ファースト」「地元ファースト」などビジョンを達成し、「SugarEliteキッズ」でアスリートと触れ合えるようにしたり、「各地にいって、地域の良さを発信したい」とも。 大迫は「パリ五輪(を目指す)というのは期間が短いが、(28年)ロス五輪を狙えるような努力、準備をしていけば、新しい先が見える」と語る。 一度は成し遂げ、一度は離れたからこそ、再び走り出す決意をした大迫。その走りで、その背中で、日本陸上界をより高みへと導いていく。 東京五輪マラソン6位の大迫傑さんが現役復帰へ!「今はただ、またレースを走ってみたい」 大迫傑の公式YouTube

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top