月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

棒高跳・五輪3大会代表の山本聖途がフランスの室内競技会で5m64「ようやくここまでこれた」


フランス北部のトゥルコアンで行われた室内棒高跳競技会に、五輪3大会連続で代表に入っている山本聖途(トヨタ自動車)が出場し、5m64をマークした(B組1位、全体8位タイ)。続く5m81は3回失敗に終わった。

フランスを拠点に練習を積んでいる山本。ここ数年はケガに苦しんでいるが、自身のSNSで「ようやく全助走で出場しました。久しぶりに自己ベストを狙える、という気持ち」とつづり、5m81の挑戦では「ポールを持ち上げた瞬間、なぜか涙が出そうになりました。ようやくここまでこれた」と手応えをつかんだ様子。最後は「挑戦は始まったばかり」と締めている。

山本はロンドン、リオ、東京と3大会連続で五輪に出場。日本歴代2位の5m77(=室内日本記録/屋外は5m75)を持つ。東京五輪では予選5m30で決勝進出はならなかった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com