月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大会新V・西山雄介「もっと上を目指したい」2位・鎧坂哲哉「悔しいが一番」上位選手コメント/別府大分毎日マラソン


◇第70回別府大分毎日マラソン(2月6日/大分県・大分市高崎山うみたまご前→大分市営陸上競技場)

冷たく強い風が吹く厳しいコンディションのなか、2時間7分台が2人、6位までがパリ五輪選考会MGC出場権を獲得するなど、好レースとなった別府大分毎日マラソン。上位選手のコメントを紹介する。

優勝 西山雄介(トヨタ自動車) 2.07.47=大会新
「優勝と、オレゴン世界選手権の派遣設定記録、MGCの出場権を狙っていたので、それはよかったです。初マラソン歴代最高にあと5秒届かなかったのは残念。35kmまでは無駄な動きをしないように心掛けていた。優勝できたのはうれしいですが、もっと上を目指したいという気持ち。世界選手権代表に選ばれたら戦える準備をして、選ばれなくてもMGCに向けて頑張りたい」

2位 鎧坂哲哉(旭化成) 2.07.55=大会新
「悔しいのが一番。40km走の練習など、設定タイム以上のタイムが無理せずに出ていた。日々の練習で少しずつ積み重ねていって、1回1回のマラソンでタイムを上げていきたい」

3位 藤曲寛人(トヨタ自動車九州) 2.08.20
「優勝を目指していたので、優勝争いをできなかったのは反省。過酷ななかで、最後粘って3位に入れたのはよかった」
4位 古賀淳紫(安川電機) 2.08.30
「初マラソンで、マラソンがどういうものか経験するという位置づけだった。30km以降、早めに仕掛けて、結果的に後半止まってしまった。今後に向けていい経験になったと思います」

5位 相葉直紀(中電工) 2.08.44
「集団の後ろにいてしまってプランとは違いましたが、ペースメーカーが外れてから自分のリズムを取り戻すことができた。広島大時代から打倒関東、世界を目指していたが力不足だった。31歳でやっと世界のスタートラインに立つことができましたが、まだ優勝争いができなかったのでこれから」

6位 中西亮貴(トーエネック) 2.08.51
「初マラソンで2時間10分切りが目標。あわよくばMGCを取れればと思っていたのでうれしい」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com