月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子棒高跳でニルセンが室内世界歴代5位タイの6m02! 東京五輪銀メダリストが自身初の6mジャンプ


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
フランス北部のトゥルコアンで5日、室内棒高跳競技会が行われ、東京五輪銀メダリストのC.ニルセン(米国)が室内世界歴代5位タイ、室内北米タイ記録となる6m02をマークした。

ニルセンは5m54から跳び始めると、5m64、5m74、5m81、5m92を1度も失敗せずにクリア。屋外を含めた自己記録5m97を5cmも上回る6m02も1回で鮮やかに成功させた。

カンザスシティ出身、24歳のニルセンは身長196cmの大型ボウルダー。サウスダコタ大時代の19年には全米学生選手権を大会新記録で制すなど注目を集めていた。昨年は五輪トライアルとなった全米選手権で初優勝を飾ると、東京五輪で銀メダルを獲得。6m02はJ.ハーティング(米国)が2002年に樹立した室内北米記録に並ぶもので、ニルセンは史上26人目の「6mボウルダー」となった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com