月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

西山雄介が初マラソンで大会新V!ラスト圧巻のスパート炸裂 2位・鎧坂らとともにパリ五輪MGC獲得 /別府大分毎日マラソン


◇第70回別府大分毎日マラソン(2月6日/大分県・大分市高崎山うみたまご前→大分市営陸上競技場)

第70回記念大会となる別府大分毎日マラソンが行われ、西山雄介(トヨタ自動車)が2時間7分47秒の大会新記録で優勝した。終盤は古賀淳紫(安川電機)と鎧坂哲哉(旭化成)の三つ巴に。最後のキレ味で強さを見せた。西山は三重・伊賀白鳳高、駒大卒の27歳。

4mを超える強い風が吹く厳しいコンディション。折り返しが続くコースのため、追い風、向かい風と交互に受けながらレースは進む。先頭集団の10km通過は30分29秒。20kmは1時間0分25秒で、ここまでは集団だった。

レースが動いたのはペースメーカーが外れた30km以降。徐々に先頭集団が絞られて縦長になると、34kmで藤曲寛人(トヨタ自動車九州)がペースを上げ、赤崎暁(九電工)らが追いかける。ここで招待選手の一人・大六野秀畝(旭化成)が遅れた。

そんななか、36kmで一気に逃げ始めたのが古賀。だが、40km手前で西山と鎧坂が追いつき、三つ巴の展開に。40kmで西山がスピードアップし、鎧坂が懸命に追いかけるが、最後まで逃げ切った。

初マラソン歴代2位の好記録で、オレゴン世界選手権の派遣設定記録を突破して代表入りをアピール。さらに、パリ五輪の代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得した。また、上位5人がMGCの出場権を獲得している。

◇西山のコメント
「初マラソンということで怖いものがなく自信を持って果敢に攻めた。オレゴン世界選手権の派遣設定記録を突破できたのはよかった。今回初マラソンでしっかり走れたが、ここから2回目、3回目と走れるように頑張ります」

■別府大分毎日マラソン上位成績
西山雄介(トヨタ自動車) 2.07.47=大会新
鎧坂哲哉(旭化成) 2.07.55=大会新
藤曲寛人(トヨタ自動車九州) 2.08.20
古賀淳紫(安川電機) 2.08.30
相葉直紀(中電工) 2.08.44
中西亮貴(トーエネック) 2.08.51

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com