月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実がクロカン6km制す「ラストまで追い込んで気持ちを持ち続けられた」


第33回全日本びわ湖クロスカントリー大会が2月6日に滋賀県・希望が丘文化公園で行われた。

女子6kmに田中希実(豊田自動織機TC)が出場して20分15秒で優勝。2位の細谷愛子(立命館宇治高2京都)に52秒の差をつけて貫禄を見せた。1月23日の選抜女子駅伝北九州大会で、同学年のライバル・仲間たちとタスキをつないで以来のレースで、個人では今年初の競技会。2月26日の日本選手権クロカンに向けての「練習という位置づけ」で出場したという。

昨年の日本選手権クロカンは4位。「全然、クロスカントリーの練習をせずに出場して、いまいち不整地の中で追い込む感覚をつかめなかった」という課題を踏まえて今大会に臨んだ。「苦しい時にもあまりピッチを落とさず、休みたいところでも追い込んで最後まで走り切れました。ラスト上げるぞ、という気持ちを持ち続けられた」と収穫を語る一方で、「足に(疲労が)きてしまったので、体幹を使って走れるようにしたい」と、しっかり分析。19年以来の日本選手権クロカンVへ向け、ステップアップになりそうだ。

男子8kmは前川優月(SMILEYANGEL)が26分09秒で優勝。U20男子5kmは洛南高(京都)の溜池一太(3年)が15分02秒で他を圧倒した。同女子4kmは林愛望(岡崎城西高・愛知)が14分23秒V.中学生3年も世代のトップ選手が活躍。男子3kmは1500mの中学記録保持者・川口峻太朗(京山中・岡山)が9分16秒で、女子2kmは川西みち(永犬丸中・福岡)が6分49秒で、それぞれ昨年の全中チャンピオンが制している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com