月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀50m真剣勝負イベント コロナ禍で2月の鹿児島を中止すると発表


鹿児島の大崎町陸上競技の聖地創り実行委員会は、2月12、13日に予定されていた男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が企画した50m競走イベント「Sprint50 Challenge」について中止すると発表した。

鹿児島での初開催に向けて準備を進めていたが、コロナ禍で「感染対策を可能な限り講じた運営を準備してきたが、中止せざるを得ない」と決断。「近い将来、安全に開催できると判断された暁には、再び桐生選手とご一緒できれば」とコメントしている。

なお、小池祐貴(住友電工)らが出場を予定している2月13日の「2022 Japan Athlete Games in Osaki」について日本陸連策定のガイダンスに基づいて規模縮小などを講じて開催に向けて準備していくという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com