月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

19年福岡国際マラソンVの藤本拓が競技生活にピリオド 3月の東京がラストレース

2019年の福岡国際マラソンを制した藤本拓(トヨタ自動車)が、自身のSNSで第一線から退く意向を示した。

藤本は山口・高水高から国士大へ進学し、関東インカレ5000mを2連覇するなど、エース級として活躍。箱根駅伝でも4年時に3区区間3位と好走した。

ケガが多く、トヨタ自動車に入社後はしばらく脚光を浴びることはなかったが、2度目のフルマラソン挑戦となった2018年のシカゴ・マラソンでブレイク。2時間7分57秒で8位に入り、翌年9月のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ/東京五輪代表選考レース)の出場資格を得た。

MGCでは9位と五輪代表をつかむことはできなかったが、その3ヵ月後の福岡国際マラソンで優勝(※1着の選手がドーピング違反で失格となったことによる繰り上げ)。さらにその2ヵ月後の丸亀国際ハーフでは2位ながら日本歴代2位の1時間0分06秒をマークし、その後も5000mや10000mで自己記録を更新するなど、30歳を超えても一線級で戦い続けた選手だった。

最後のレースは3月の東京マラソンを予定しているという。

下記、藤本のSNS全文

入社10年目をターニングポイントとし第一線から退きます。支えてくれた家族や友人、会社の仲間や応援して下さった方々には本当に感謝しています。最後のレースは東京マラソンを予定しています。応援宜しくお願いします。

■藤本 拓(ふじもと・たく)
1989年9月11日生まれ、32歳。山口・周南菊川中→高水高→国士大→トヨタ自動車

自己記録
5000m 13.27.34(20年)
10000m 28分02秒54(21年)
ハーフマラソン 1.00.06(20年)
マラソン 2.07.57(18年)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com