月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH五輪代表の金井大旺さんがミズノとアンバサダー契約 歯科医目指しながら普及活動


ミズノは110mハードルの東京五輪代表で前日本記録保持者の金井大旺さんと、ブランドアンバサダー契約を締結することを発表した。金井さんは今シーズン限りで現役を引退。1月末日で同社を退社するが、2月1日からマネジメントサポートを行うという。

歯科医を目指す覚悟を持ち、東京五輪への挑戦を持ってハードル人生に別れを告げた金井さん。昨年12月には日本歯科大学・生命歯学部に編入合格。この春から勉学に励む。以前は競技から完全に離れることも視野に入れていたが少しずつ指導に目を向けるようになり、「これまで培った知識、技術を子供たちに伝えることで、少しでも陸上競技の普及活動につなげたい」という思いを持つ。今後はミズノが管理・運営する都内のスポーツ施設等で定期的に陸上教室を行っていくとし、ミズノも活動の支援をしていく。

覚悟を持ち、自分が持つ夢に全力で挑戦し続けてきた金井さん。歯科医を目指しながら、その経験と技術をしっかりと伝えていくことだろう。

■金井大旺さんコメント
「ミズノトラッククラブの最高のサポートのもと競技ができたことに改めて感謝致します。前日本記録保持者の谷川聡さんや内藤真人さん、その他数々の110mH選手が在籍されていて、以前から110mハードル = ミズノというイメージがありました。そのミズノチームの一員として活動できたことを誇りに思います。今後は競技普及や指導、育成にも携わり、僕自身の経験を伝えていけたらと思っています」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com