月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

栁田大輝が東洋大へ! 桐生祥秀の母校、東京五輪代表・鈴木碧斗が所属

男子100mで高校歴代2位タイの10秒22を持つ栁田大輝(東農大二高3群馬)が、東洋大の入学試験に合格したことがわかった。

栁田は中学3年時の全中で走幅跳優勝、100m2位という成績を残し、大会最優秀選手にも選ばれた逸材。高校2年時の7月に高2歴代2位の10秒27をマークし、日本陸連のダイヤモンドアスリートにも認定されている。

3年生になった昨年は5月の世界リレーでシニアの日本代表にも選出(4走)。日本選手権準決勝では高校記録(10秒01)を持つ桐生祥秀(洛南・京都/現・日本生命、元日本記録保持者)に次ぐ10秒22を叩き出し、2年連続ファイナリスト(7位)となった。また、走幅跳でも7m51の自己記録と国体優勝(19年)の実績を持つ。

東洋大は元オリンピアンの土江寛裕コーチが短距離を指導し、桐生ら数々のスプリンターを輩出してきた強豪。現所属選手には東京五輪男子4×400mリレー代表で日本インカレ100m王者の鈴木碧斗(2年)がいる。ジュニアの舞台で活躍したダイヤの原石が、偉大な先輩たちの背中を追って世界を目指す。

■栁田大輝(やなぎた・ひろき)
2003年7月25日生まれ
100m10秒22=高校歴代2位タイ ※日本選手権2年連続7位(20~21年)
走幅跳7m51

その他、最新進路情報は本日発売の月陸2月号で掲載している。

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com