月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

佐藤敦之氏が中国電力ヘッドコーチに就任 約8年ぶり古巣復帰 北京五輪、世界陸上2大会代表


北京五輪男子マラソン代表の佐藤敦之氏が中国電力のヘッドコーチに就任したことが関係者への取材でわかった。1月1日付で入社し、4日から現場で指導を行っている。

福島県会津若松市出身の佐藤氏は、会津高から早大を経て2001年に中国電力へ。マラソンで2003年パリ世界選手権、08年北京五輪、09年ベルリン世界選手権代表。ベルリンでは6位入賞を果たしている。2013年で現役を退き、14年度に京セラ女子陸上部の監督に就任し、20年8月31日付で退いていた。現役引退の13年以来、約8年ぶりの古巣復帰となる。

中国電力は五輪、世界選手権に代表を数多く送り出し、全日本実業団対抗駅伝で2度の優勝もある名門中の名門。近年はやや苦しんでおり、今年の全日本実業団対抗駅伝では16位だった。現在は2018年から監督だった田幸寛史氏が21年6月に退社し、坂口泰総監督が監督に復帰して指揮を執っている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com