月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子は好調のセヨームが優勝 男子は18歳イフネがV/クロカン・ツアー・ゴールド


1月6日、イタリアのサン・ジョルジョ・ス・レニャーノで世界陸連クロスカントリーツアー・ゴールドラベルの大会が開催され、男子(10km)はA.イフネ(エチオピア)が28分39秒で、女子(6km)ではD.セヨーム(エチオピア)が18分48秒で優勝した。

男子優勝のイフネは現在18歳。昨年のU20世界選手権5000mで4位に入り、同種目の自己ベストは昨年マークした12分58秒99。東京五輪男子10000m金メダリストのS.バレガ(エチオピア)とともににトレーニングを行っている。今大会の2位は28分45秒のE.キプラガト(ケニア)、3位には昨年のU20世界選手権3000m障害優勝のA.セレム(ケニア)が28分53秒で続いた。

女子を制したセヨームは1500mを中心に活躍しており、この種目で16年リオ五輪8位、15年北京世界選手権4位などの実績を持つ。昨年11月には5kmで14分41秒の世界記録(当時)も樹立するなど、快走を続けている。2位のR.ダニエル(エリトリア)は1秒差の18分49秒。19年の世界クロカンU20の部、18年U20世界選手権でともに優勝している21歳のB.チェベット(ケニア)がトップと3秒差の18分51秒で3位に入った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com