月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

箱根駅伝4年生の進路は?青学大Vメンバー飯田主将は富士通!順大の牧瀬がトヨタ自動車九州


1月2日、3日に行われた第98回箱根駅伝は、今年も日本の正月を彩った。

最終学年を迎えた選手たちは、実業団に進んで競技継続する選手もいれば、競技生活に一区切りをつけて就職する学生たちもいる。

大会新記録で2年ぶり6度目の優勝を飾った青学大。4区区間3位だった主将・飯田貴之は強豪・富士通へ進む。富士通は21年のニューイヤー駅伝で優勝。マラソン日本記録保持者の鈴木健吾や東京五輪マラソン代表の中村匠吾らが在籍している。

2位に入った順大の6区で区間賞を獲得した牧瀬圭斗はトヨタ自動車九州で、8区区間賞の津田将希は西鉄で、それぞれ競技を続ける。

東洋大で3年連続5区を駆け上がった宮下隼人はコニカミノルタへ。10年ぶり入賞を果たした中大の3区を走った三浦拓朗は大塚製薬に進む。また、今年のニューイヤー駅伝で優勝したHondaに中大の森凪也が入部する。

各校のエースでは、早大の中谷雄飛がSGホールディングス、太田直希がヤクルト。法大の鎌田航生もヤクルトに進む。明大の鈴木聖人と手嶋杏丞はともに、相澤晃らが所属する名門・旭化成で競技を続ける。

一方、往路2位と躍進した帝京大のエース遠藤大地は競技継続をせず、5区区間賞の細谷翔馬は公務員となり実業団チームには加入しないことを表明している。

卒業後、それぞれに進む学生たち。4年間の経験を糧に、次のステージでも大いに輝くことだろう。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com