月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

佐藤悠基超え!不滅の区間記録破った中大・吉居大和「距離に対する不安はなかった」/箱根駅伝

◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

2021年の前半シーズンは、東京五輪出場を目指しながら叶わなかった。まるでその悔しさをぶつけるかのように、中大のエース・吉居大和は1区で鮮やかな独走レースを演じた。

打ち立てた1時間0分40秒は、2007年に佐藤悠基(東海大/現・SGホールディングス)がマークした最古の区間記録(1時間1分06秒)を上回る特大区間新。中大に15年ぶりとなる区間賞とともに、箱根で10年ぶりのシード獲得を目指すチームにこれ以上ない勢いをもたらした。

大会前のプランとしては、「ある程度のペースならついていって、ラストの3kmを意識していた。先輩方に楽をしていただけるように、後ろとできるだけ差をつけたいという思いがあった」という。

しかし、スタート直後に集団が前回と同じようなスローペースになりかけたところで、「自分のペースで行こう」とスッと先頭に出た。そこから1km2分50秒前後の速いペースを刻み、レースの主導権を手中に収めることに成功する。

隊列が縦長になった時、「このペースで行けば、もしかしたら(後ろは)離れるかなと思った」と語ったように、吉居は5.6kmあたりで集団から抜け出すかたちとなり、瞬く間に後続を置き去りにしていった。

10km通過は、10000mの自己ベスト(28分03秒90)を凌ぐ27分58秒。「何分で通過したかわからなかったので、自分でもびっくりという感じ」だったが、それでもまだ余裕があり、「一応、意識していた」という区間記録更新に向けてひた走った。

42分00秒で15kmを通過し、2位以下に1分以上の差をつけたことを知らされると、「これなら(区間賞は)行ける」と確信する。「ラストに六郷橋があり、単独走になったこともあって最後はかなりきつかったです」と言いながらも、駅伝シーズンを見据えてしっかり練習を積んできた吉居には、3区区間15位と苦戦を強いられた前回のような「距離に対する不安はなかった」。

終盤も粘って力強く鶴見中継所に飛び込むと、「まず目標にしていた区間賞を取ることができてうれしいです。2位との差もつけられたので良かった。自分のペースで行って区間新記録を出せたことは、自分にとってすごく自信になると思います」と清々しい表情で胸を張った。

その後、中大は2~5区の4人もそれぞれに力を発揮し、往路を2011年以来のひとケタ順位となる6位でフィニッシュ。吉居の“ロケットスタート”を最大限に生かして結果につなげた。

復路でもその流れを踏襲し、総合5位以上という目標を達成できた時、吉居が快走した価値がさらに大きく浮かび上がってくるはずだ。

文/小野哲史

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com