月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1年生コンビの大活躍で青学大が大差の往路V 原監督「復路も勝って完全優勝を 目指します」/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

駒大と青学大の”2強対決“が予想されていた第98回箱根駅伝。往路は青学大がとにかく強かった。1区は当日変更で入った志貴勇斗(2年)が2位争いを制した駒大・唐澤拓海(2年)と6秒差の5位で好発進。青学大記録に3秒差と迫る1時間1分25秒で駆け抜けた。

2区のエース・近藤幸太郎(3年)は駒大・田澤廉(3年)の背中を見つめながらレースを進めると、3人を抜いて2位に浮上。田澤の区間賞でトップに立った駒大とのビハインドを1分02秒差にされたが、3区太田蒼生(1年)が快走する。17秒後方から上がってきた東京国際大・丹所健(3年)に食らいつくかたちで、駒大を猛追。12kmで駒大に追いつくと、駒大をじわじわと引き離していく。さらに18.3kmで丹所を突き放して、真っ先に平塚中継所へ飛び込んだ。

太田は5秒差で区間賞を逃すも、区間歴代3位の1時間1分00秒をマーク。この激走が次なる快走を生むことになる。4区は5区候補にも挙げられてもいた主将・飯田貴之(4年)。区間3位の走りでライバル校を引き離す。2位東京国際大とのリードを12秒差から1分37秒差に拡大。全日本大学駅伝のアンカー対決で惜敗した駒大・花尾恭輔(2年)にも56秒の大差をつけた。

青学大の5区若林宏樹(1年)は10000mベストが28分27秒72。5区出場者のなかで最速タイムを持つが、出雲駅伝は4区で区間6位、全日本大学駅伝が6区で区間12位と思うような結果を残せていなかった。しかし、「3区太田の走りが力になった部分が大きかったと思います。同じ練習で切磋琢磨してきました。太田がいい走りをしたからこそ、自分もできるという思いがありました」と仲間の快走に勇気づけられた。

5区で区間歴代2位の1時間10分40秒を持つ飯田との”メンバー争い”で勝ったことも自信になったという。前半はさほどペースが上がらなかったが、徐々に本領を発揮。後半は区間賞争いを繰り広げて、後続の選手を寄せつけなかった。山頂付近では強い向かい風に悩まされるも、1時間10分46秒の区間3位で走破。原晋監督の「青学大で『山の神』にならないか!?」という言葉で青学大に進学した黄金ルーキーは「若の神」(原監督)として芦ノ湖に降臨した。

昨年は主将・神林勇太が故障で走れず、神林が予定していた3区で区間14位に沈むと、5区も区間17位と大苦戦。往路で12位と大きく出遅れて、連覇を逃した。

「昨年はエースの神林が直前の故障によって出走できなかった。その穴埋めができずにチームは崩れました。前回の反省を踏まえて、誰が使われても走れる選手層の厚さを作ることを、1年間の強化策として取り組んできたんです。キャプテンの飯田を中心に1人ひとりが強くなろうという思いでやってくれた。学生たちに『本当にありがとう』と言いたいですね」(原監督)

青学大は5時間22分06秒で2年ぶり5度目の往路優勝に輝いた。過去最高の2位と大健闘した帝京大と2分37秒差、ライバルの駒大とは3分29秒差(3位)。青学大の復路戦力を考えると”安全圏”といえる大量リードだが、原監督は手綱を緩めるつもりはない。

「私どもは登録16人全員が10000m28分台の選手です。全員いい状態ですし、出走する5人を信頼してます。1人ひとりが攻めのレースをして、往路に続いて、復路も勝って、完全優勝で6度目の総合優勝を目指していきたい」

復路は前回6区で区間3位と好走した高橋勇輝(4年)で先制攻撃を仕掛けて、さらに岸本大紀(3年)、佐藤一世(2年)の投入も予想されている。王座奪還に向けて青学大が復路も”パワフル”なレースを見せつける。

■青学大往路区間成績
1区 志貴勇斗(2年) 1時間1分25秒 区間5位
2区 近藤幸太郎(3年)1時間7分09秒 区間7位
3区 太田蒼生(1年) 1時間1分00秒 区間2位
4区 飯田貴之(4年) 1時間1分46秒 区間3位
5区 若林宏樹(1年) 1時間10分46秒 区間3位
往路総合 5時間22分06秒

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com