月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【展望】名城大4連覇&4年連続3冠へ!大東大は悲願のV狙う 拓大・不破は5区へ/富士山女子駅伝


2021全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)が12月30日に行われる。コースは静岡・富士山本宮浅間大社前を10時にスタートし、富士総合運動公園陸上競技場がフィニッシュ。7区間43.4kmで争われる。

優勝候補は名城大で揺るがない。全日本大学女子駅伝では5連覇を達成。富士山女子駅伝も3連覇中で、順当に行けば4連覇は濃厚と言わざるを得ない。

1区には、全日本4区で区間新だった1年生の谷本七星が入る。2区には大学で競技引退を表明している高松智美ムセンビ(4年)が登録。同じく4年生の和田有菜が最長10.5kmのエース区間5区に入った。注目は来年のオレゴン世界選手権10000mの参加標準記録を突破している小林成美(3年)で、7区にエントリー。最終7区(8.3km)は3kmすぎから高低差169mの上りが4.6kmも続く難所で、エースがここでどんな走りを見せるか。

前日会見に臨んだ米田勝朗監督は「連続優勝どうこうではなく、今年のチームとして2つ勝つことが目標」と語り、カギとなる選手には「4年生の和田と高松」を挙げる。2人は1年時からすべての駅伝で優勝し、今回勝てば「無敗」で4年間を過ごすことになる。チームを牽引してきた2人に対し「名城大のユニフォームを着て走る最後の大会。力を出し切ってほしい」と話した。

全日本5年連続2位、富士山でも3年連続2位と、名城大の後塵を拝している大東大。悲願の優勝を狙うチームのエース・鈴木優花(4年)は順当に5区に入った。全日本で2~4区に入った1年生が今回もタスキをつなぐ形で、2区・藤原唯奈、3区・四元桃奈、4区・鈴木日菜子と並ぶ。懸念材料は3000m障害で日本歴代2位の記録を持つ吉村玲美(3年)がメンバー外になったこと。全日本1区で転倒した際のケガから回復途上だという。そのぶん、外園隆監督は「鈴木が絶好調で、区間記録は更新できる」と期待を寄せていた。

注目はやはり拓大の不破聖衣来(1年)。12月11日の記録会10000mで30分45秒21という衝撃的なタイムを叩き出した。日本歴代2位、学生新でオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破。駅伝でも全日本で5区区間新の快走を見せて初の3位に貢献した。今回、エース区間の5区に登場。どんな走りを見せるか大きな注目が集まる。五十嵐利治監督は「全日本は不破一人の力で3位でしたが、それ以降、他のメンバーも不破に任せきりではいけないと、ここまでやってきた」と言うようにチーム力を向上させてきた。富士山女子駅伝では8位入賞を狙う。

立命大も少しずつ状態が上がってきている。全日本では4位。今回は3年生主将の飛田凛香が6区へ。全日本でも好走した御崎舞(4年)が3区に入る。強い立命大復活へ、まずはトップ3を狙う。

全日本で5位の日体大は山崎りさなど、1年生に力がある選手がそろい、アンカーは日本インカレでも1500m優勝など存在感を示した保坂晴子が入った。大阪学大は全日本1区5位と好走の小林舞妃留(1年)が今回は2区で流れを作るか。

名城大の優位は動かないが、何が起こるかわからないのが駅伝。しかも、富士山女子駅伝は最後に強烈な坂が待っている。師走を彩る今年最後の駅伝。富士山の麓で歓喜の輪を作るのは果たして。

レースは12月30日、10時にスタート。同日9時50分からフジテレビ系列で生中継される。

富士山女子駅伝の出場校一覧

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com