月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

競歩・池田向希「競歩をもっとメジャースポーツに」東洋大入学時“マネージャー兼”から五輪銀で1000万円&年間MVP

日本陸連アスレティックス・アワード2021が12月9日、東京都内のホテルで開催され、年間最優秀選手の「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には東京五輪男子20km競歩で日本勢初となる銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)が選出。また、東京五輪銀メダルの報奨金として1000万円が授与された。

池田は受賞のスピーチで喜びと感謝の言葉を述べた上で「2年前、(同じ競歩の)鈴木雄介選手(富士通)が受賞されたのを会場で拝見していて、陸上人生の中でいつか受賞したいという目標になりました。この章を受賞できた時は満足のいく結果を出した時なんだろうと勝手に未来を想像していましたが、実際に受賞して1年振り返ると100%満足いったかというと至らなかったと思います。それは、競技力でも、いち人間としてももっと成長できると思ったからです。この賞を糧にして、そして賞の名に恥じぬように精進していきたい」と堂々と語り、大きな拍手が送られた。

式典後の会見で「競歩の練習はたくさんしていますが、ああいう(スピーチの)練習はしていないので緊張しました」と照れ笑いを浮かべた池田。静岡出身で、浜松日体高から東洋大を経て21年春から旭化成へ。中学、高校と中長距離ランナーだったがケガや貧血もあって結果が出ず、高2から競歩を始めた。同県の同学年には後にチームメイトとなる川野将虎(旭化成)がおり、背中を追いかけ切磋琢磨。東洋大入学時は競歩選手と兼任で長距離ブロックのマネージャーも務めていた。結果を残し始めてからも、しばらくは自発的に業務を続けていたという。いつも笑顔で負けん気が強く、コツコツと積み重ねられる選手だ。

2019年ドーハ世界選手権では初のシニア国際大会ながら6位入賞の快挙。だが、フィニッシュ後は涙をにじませて悔しがった。それからは国内で勝つこと、そして世界で勝つことを目標にさらに研ぎ澄ませ、1年延期となった東京五輪では見事に同種目初の銀メダル。山西利和(愛知製鋼、銅メダル)、そして50km競歩で入賞した川野らとともに、競歩界を牽引する一人になった。

世界と対峙した中で「メンタル面など、しっかり準備をすれば手足が長い海外の選手にも通用することが確認できました」と池田。逆に世界一に足りないモノについてはしばらく考えこみ「まだまだ全体的に成長していかなければいけませんが、『これ』というのは思い浮かびません。その足りない何かが見つかった時に満足のいく結果が出せるのだと思います」と答えた。世界2位になったことにより「簡単には負けられない、あきらめられないというプレッシャーが得られました」と言い、「来年のオレゴン世界選手権でもメダルを期待されていると思うので応えていきたいです」と、さらに高みを目指していく構えだ。

池田は常々「競歩をもっと知ってもらえるように」と語ってきた。「競歩が日本でも世界でもよりメジャースポーツになればいいなと思っています。私をはじめ、競歩をやっている選手がこうして結果を出すことでもっと盛り上げていければ、より競歩の人気向上や魅力を伝えることに貢献できると思っています」。世界に誇る『競歩王国』の第一人者として、さらなる強化と発展を引っ張っていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com