月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH世界選手権金のホロウェイと400mH東京五輪銀のベンジャミンが200mHで対決か


男子110mハードルのG.ホロウェイ(米国)と400mハードルのR.ベンジャミン(米国)が200mハードルのレースで対決する計画が持ち上がっている。米国のランニングなどに関する情報を発信する「CITIUS MAG」がTwitterで報じている。開催時期は未定。

ホロウェイは19年ドーハ世界選手権金メダリストと東京五輪銀メダリスト。自己記録の12秒81は世界歴代2位で、室内60mハードルの世界記録保持者(7秒29)でもある。一方のベンジャミンは東京五輪で46秒17の世界歴代2位をマークして銀メダルを獲得した。

ちなみに、300mハードルではホロウェイが36秒73(15年)、ベンジャミンが35秒26(20年)の自己記録を持っている。

このような異なる種目のトップ選手同士がほぼ中間距離で競うイベントは過去にも行われており、代表的なのは1996年アトランタ五輪男子100mで当時の世界記録となる9秒84で優勝したD.ベイリー(カナダ)と、同五輪男子200mで世界新の19秒32で金メダルを獲得したM.ジョンソン(米国)による150m対決。1997年にカナダのトロントで行われ、この時はジョンソンが途中棄権し、ベイリーが14秒99で勝利した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com