月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

元日本記録保持者・設楽悠太左ふくらはぎ痛め20kmで途中棄権「次頑張ります」/福岡国際マラソン


◇第75回福岡国際マラソン(12月5日/福岡市・平和台陸上競技場発着)

オレゴン世界選手権選考会およびパリ五輪選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)切符を懸けた第75回福岡国際マラソン。最後の大会となった今回、元日本記録保持者の設楽悠太(Honda)も出場したが、20kmで途中棄権となった。大会事務局を通してコメントが届いた。

痛めたのは「左ふくらはぎ」で、今まで痛めたことはない箇所ということ。「レース途中」から痛みを覚え「無理はしていない」と言うが、20kmでレースをリタイア。気温が上昇したが、脚への影響は「わかりません」。結果を踏まえ、「次、頑張ります」と続けた。

設楽は2018年の東京マラソンで2時間6分11秒をマークして16年ぶりに日本記録を更新(現歴代3位)。東京五輪代表選考会だった19年のマラソングランドチャンピオンシップで14位になると、その後はなかなか本調子の走りを取り戻せず、昨年の東京では2時間7分台(45秒)だったものの高速レースのため16位。今回はそれ以来のフルマラソンだった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com