月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ドーピング対策として糖質コルチコイドについての取り扱いが2022年1月1日より厳格に

日本陸連医事委員会は29日、競技会時の糖質コルチコイドの取り扱いが厳格化され、2022年1月1日よりすべての注射経路が禁止されると発表した。ただし、糖質コルチコイドはステロイドの一種で、喘息や皮膚の炎症の治療薬として幅広く利用されており、用法用量に従った吸入や局所使用(歯根管内、経皮、経鼻、点眼、肛門周囲塗布など)よる投与は使用可能としている。

競技者は、糖質コルチコイドを経口・筋肉内・局所投与した時点から競技会の開始時点(競技会前日の午後11時59分)までに3~60日間のウォッシュアウト期間(休薬期間)を遵守することが求められ、該当期間に使用すると違反が疑われる可能性がある。そのため、治療などで当該成分が含まれる薬などを内服している競技者は注意が必要となる。

糖質コルチコイドによる治療が必要な競技者およびサポートスタッフは以下の点について注意すること。
1.競技会(時)の糖質コルチコイドのすべての注射使用は治療使用特例(TUE)申請が必要となる。
2.競技者は、糖質コルチコイドを経口・筋肉内・局所投与した時点から競技会(時)の開始時点(競技者が参加予定の競技会前日午後 11 時 59 分)までの最低限の下記ウォッシュアウト期間を遵守すること。ウォッシュアウト期間に当該薬剤を使用すると違反が疑われる可能性がある。
3.ウォッシュアウト期間中に、禁止されている経路を通じて糖質コルチコイドを投与する必要がある場合、遡及的TUE申請にそなえ、競技者および治療した医師は適切な準備をすること。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com