月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

川内優輝、福田穣、神野大地ら防府読売マラソンの招待選手発表 世界陸上&パリ五輪MGC選考会


日本陸連は12月19日に行われる第52回防府読売マラソンの概要を発表した。

招待選手はプロランナーの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、福田穣(NNランニングチーム)、神野大地(セルソース)ら7人。川内はこれまで14、17、18年と3度優勝し、日本人最高記録(2時間9分15秒)も持つ。ペースメーカーは国内チーム所属の外国人ランナーが務める。

今大会は日本陸連の新プロジェクト「ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)」の加盟大会の一つ(ランクG2)で22年オレゴン世界選手権の代表選考会も兼ねる。また、パリ五輪の選考会となる23年開催予定のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)のチャレンジ指定大会にも設定されており、1位(日本人トップ)+2時間10分00秒以内でMGCの出場権を獲得する。

レースは12月19日12時02分スタートで、キリンレモンスタジアムソルトアリーナ防府前県道スタート・キリンレモンスタジアム陸上競技場フィニッシュで行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com