月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

WAクロカン9戦目は22歳の若手がV 女子は東京五輪10000m出場のテスフが制す/クロカンツアー・ゴールド


11月28日、アルコベンダス(スペイン)で世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第9戦が開催され男子(10.06km)ではA.オウケルフェン(スペイン)が29分23秒で、女子(8.04km)はD.テスフ(エリトリア)が26分45秒で優勝した。

男女の優勝者はいずれも現在22歳。女子優勝のテスフは東京五輪10000mで15位の成績をおさめている。男子のレースでは第8戦(21日、スペイン・セビリア)を制しているR.クウィゼラ(ブルンジ)が最初にフィニッシュしていたが、スペインのクラブのユニフォームを着用していなかったことで後に失格と判定された。

同じく28日、フィレンツェマラソン(イタリア)が開催され、男子はC.コツト(ケニア)が2時間08分59秒で、女子はT.A.マル(エチオピア)が2時間27分17秒でそれぞれ優勝した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com