月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山口智規が5000m13分35秒16! 高校歴代3位の好タイム/日体大長距離競技会

11月14日に開催された日体大長距離競技会の5000mで山口智規(学法石川高3福島)が高校歴代3位の13分35秒16と好タイムを叩き出した。

山口は高校1年時にすでに5000mで13分台をマークしていた逸材。今年は4月の中大記録会で13分46秒95の自己新をマークし、インターハイでは1500mで8位入賞(5000mは予選落ち)。9月に今季2度目の13分台となる13分58秒28で走破すると、10月28日の福島県高校駅伝では1区(10km)で区間賞(29分55秒)を獲得して全国高校駅伝出場に貢献していた。

なお、この種目の高校記録は今年の9月に佐藤圭汰(洛南高3京都)が樹立した13分31秒19。

■高校歴代5傑
13.31.19 佐藤圭汰(洛南3京都)21年
13.34.74 石田洸介(東農大二3群馬)20年
13.35.16 山口智規(学法石川3福島)21年
13.36.57 伊藤大志(佐久長聖3長野)20年
13.38.96 吉岡大翔(佐久長聖2長野)21年

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com