月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

全日本実業団対抗駅伝の出場37チームが決定 最多は旭化成とカネボウの59回、大阪府警と武田薬品は6年ぶり


来年元日の第66回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝、群馬県庁発着)の予選会が11月14日の関西実業団対抗駅伝と中国実業団対抗駅伝をもって終了し、全日本大会の出場37チームが出そろった。

最多出場は59回の旭化成とカネボウ。ついでNTT西日本とマツダの57回、九電工の53回となる。

初出場チームはなく、大阪府警と武田薬品が6年ぶりの復帰。SUBARU、小森コーポレーション、NTN、西鉄は2年ぶりの出場となる。

■第66回全日本実業団対抗駅伝出場チーム(カッコ内は出場回数)
●東日本
富士通(2年連続31回目)
Honda(38年連続39回目)
日立物流(10年連続10回目)
ヤクルト(9年連続42回目)
GMOインターネットグループ(3年連続3回目)
カネボウ(7年連続59回目)
SUBARU(2年ぶり21回目)
小森コーポレーション(2年ぶり37回目)
JR東日本(4年連続16回目)
コニカミノルタ(37年連続47回目)
サンベルクス(2年連続4回目)
コモディイイダ(3年連続3回目)

●中部
トヨタ紡織(25年連続25回目)
トヨタ自動車(33年連続43回目)
愛三工業(21年連続21回目)
NTN(2年ぶり57回目)
トーエネック(10年連続12回目)
中央発條(8年連続39回目)

●北陸
YKK(30年連続32回目)

●関西
SGホールディングス(27年連続28回目)
大塚製薬(2年連続27回目)
住友電工(5年連続8回目)
NTT西日本(14年連続57回目)
大阪府警(6年ぶり10回目)

●中国
中電工(26年連続26回目)
中国電力(30年連続30回目)
マツダ(20年連続57回目)
JFEスチール(3年連続45回目)
武田薬品(6年ぶり3回目)

●九州
旭化成(36年連続59回目)
三菱重工(13年連続26回目)
黒崎播磨(11年連続34回目)
九電工(47年連続53回目)
トヨタ自動車九州(13年連続20回目)
安川電機(32年連続44回目)
西鉄(2年ぶり18回目)
戸上電機製作所(2年連続3回目)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com