月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

拓大のラジニが5000mでも快走! 学生歴代2位の13分18秒74/日体大長距離競技会

11月14日に開催された日体大長距離競技会の男子5000m30組で、ジョセフ・ラジニ(拓大3)が13分18秒74と快走。5月にイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)が打ち立てた日本学生記録(13分15秒15)に迫る学生歴代2位につける好タイムだった。

ラジニは1年時の箱根駅伝2区(23.1km)で区間2位ながら1時間6分18秒の区間歴代3位タイと快走。昨年の箱根駅伝予選会(ハーフマラソン)では学生歴代3位の1時間0分13秒で個人総合1位に輝いていた。

今年は5月の関東インカレで5000m6位、10000m8位、6月の全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(10000m)では4組3着にとどまるなど本調子ではなかったが、秋になって秘めていた実力が開花。9月には10000mで日本学生記録を13年ぶりに塗り替える27分25秒65をマークしていた。
※10000mの学生記録は11月13日にワンジク・チャールズ・カマウ(武蔵野学大2)が27分18秒89に更新した

同組1着はカネボウのマサイ・サムウェルで13分15秒18。3着のダニエル・ディリツ(大分東明高2)は外国籍の高校生として歴代2位の13分18秒75をマークし、日本人トップは13分29秒86の遠藤日向(住友電工)だった。

■5000m日本学生歴代5傑
13.15.15 Y.ヴィンセント(東京国際大)21年
13.18.74 J.ラジニ(拓大)21年
13.19.00 竹澤健介(早大)07年
13.20.43 高岡寿成(龍谷大)92年
13.20.80 大迫 傑(早大)13年

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com