【月陸NEWS】ドーハ世界選手権DAY6結果&DAY7日程 ウォルシュ&田中が自己新

【月陸NEWS】
ドーハ世界選手権DAY6結果&DAY7日程
男子400mウォルシュ連続自己新!女子5000m田中がPBで決勝へ
右代はどこまで上昇できるか


TBS放送予定
日本陸連特設サイト
競技日程
IAAF世界選手権ページ
国別エントリー
ライブリザルト

 DAY6は男子110mハードルと400mの準決勝に大きな注目が集まった。
 決勝進出のチャンスを迎えた110mハードルの高山峻野(ゼンリン)は、抜群の飛び出しから一気に先頭へ。着順での通過が見える位置でレースを進めるが、中盤にハードルの接触があり失速。惜しくも決勝進出を逃した。だが、積極的なレースとスピードは、〝史上初のファイルナル〟が十分に射程圏内であることを示した。
 男子400mのウォルシュ・ジュリアン(富士通)は快走。予選でマークした45秒14をさらに更新する45秒13と連続で自己新。それでも44秒台と決勝を狙っていただけに悔しい表情を見せた。ともに世界の決勝が確かに近づいた瞬間だった。

 女子では、5000m予選に田中希実(豊田自動織機TC)と木村友香(資生堂)が出場。田中は15分04秒66(日本歴代3位)の快走で組6着ながらタイムでの決勝進出を決めた。また、田中はこの記録で東京五輪の参加標準記録も突破した。
 円盤投の郡菜々佳(九州共立大)は力を発揮できず予選敗退となったが、自国開催以外でこの種目初の出場は次に進むための大きな一歩だ。

 DAY7に登場する日本人は十種競技2日目の右代啓祐(国士舘クラブ)のみ。1日目を終えて3237点の20位。得意とする後半戦でどれだけ順位を上げることができるか。

DAY6 日本人結果

男子400m 準決勝
ウォルシュ・ジュリアン(富士通)
3組4着 45秒13 敗退 自己新=日本歴代4位
男子400mのウォルシュ・ジュリアン

男子110mH 準決勝
高山峻野(ゼンリン)
3組6着 13秒58(+0.6) 敗退
男子110mHの高山峻野

男子十種競技 1日目
右代啓祐(国士舘クラブ)
100m11秒44(+0.3)/走幅跳6m90(+0.4)/砲丸投14m31/走高跳1m90/400m51秒42
男子十種競技の右代啓祐

女子5000m 予選
田中希実(豊田自動織機TC)
1組6位 15分04秒67 Q 自己新=日本歴代3位
木村友香(資生堂)
2組13位 15分53秒08 敗退
女子5000mの田中希実

女子5000mの木村友香

女子円盤投 予選
郡菜々佳(九州共立大)
B組15位(全体29位) 48m82 敗退
女子円盤投の郡菜々佳

DAY7(10月3日)競技日程と日本人出場予定

22:35 男子十種 (110mH)
      右代啓祐(国士舘クラブ)
22:40 女子三段跳 予選A・B
23:30 男子十種 (円盤投A組)
0:15 女子七種 (走幅跳A・B)
0:35 男子十種 (円盤投B組)
      右代
1:05 男子十種 (棒高跳A組)
1:20 男子砲丸投 予選A組
2:05 男子十種 (棒高跳B組)
      右代
2:10 女子七種 (やり投A・B)
2:40 男子砲丸投 予選B組
4:00 男子1500m 予選
4:05 男子十種 (やり投A組)
      右代
4:35 女子砲丸投 決勝
5:00 女子1500m 準決勝
5:10 男子十種 (やり投B組)
5:50 女子400m 決勝
6:05 女子七種 (800m)
6:15 男子十種 (1500m)
      右代

写真/SHOT