月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子はつるぎが30回目の都大路へ!女子は富岡東が2連覇達成/徳島県高校駅伝

徳島県高校駅伝が11月7日、鳴門大塚スポーツパーク周辺長距離特設コースで行われ、男子(7区間42.195km)はつるぎが2時間13分11秒で2年連続30回目の優勝を果たし、女子(5区間21.0975km)は富岡東が1時間14分00秒で2年連続10回目の優勝となった。

男子は1区でつるぎの國安一翔(2年)が52秒差を奪って首位中継。3区の岸本翔(3年)、4区の横佐古祐斗(2年)も区間賞でリードを広げた。2位の徳島科学技術も5、6区で区間賞を獲得して猛追するも、つるぎが1分以上の差を守って優勝した。前回、2年ぶりに都大路に出場して45位にとどまっている。

女子は富岡東が1区の辻田詩央(3年)、2区の戎井那奈(2年)で2分34秒の貯金を作ったが、2位の鳴門も3区以降の3区間で区間賞を獲得して追い上げる展開に。それでも先行した富岡東が2分近いリードを守ってフィニッシュした。富岡東は昨年、15年ぶりに県大会制覇し、全国大会では43位だった。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com