月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

昨年全国男女制覇の世羅が連覇に向けて13年連続で県制覇!/広島県高校駅伝

広島県高校駅伝は11月7日、広島県三次市のみよし運動公園陸上競技場発着のコースで開催され、男女ともに世羅が優勝。男子は2時間4分51秒で18年連続51回目、女子は1時間13分38秒で16年連続16回目の全国大会出場を決めた。男女そろっての県制覇は13年連続。

レースは、新型コロナウイルス対策によりタスキリレーは行わず、各区間に同競技場や三次市内のロードのコースを同時に走って計測し、合計タイムを競った。

男子は、全区間1位の完勝であった。1区の塩出翔太(3年)は30分27秒、3区の森下翔太(3年)は23分43秒と、本人たちにとっては不本意ながらも長距離区間の重責をまっとうした。また6区の吉川響(3年)も昨年の同区間をおよそ28秒上回る14分24秒と成長の跡をみせ、昨年の優勝経験者である上記3人は今年も主力となるところを示した。

また新たな戦力として台頭した中村海斗(2年)は2区・8分33秒、村上響(2年)は4区・24分31秒、小島悠生(2年)は5区・8分41秒、花岡慶次(3年)は7区・14分32秒という結果を残した。

インターハイ男子5000m優勝者のコスマス・ムワンギ(3年)や、故障で出遅れている石堂壮真(2年)は今大会こそ出場しなかったが、昨年の優勝を経験していない新戦力がこれからレベルアップしてくるかが注目される。

女子は、1区の細迫由野(3年)がトップから18秒差の4位で中継。やや出遅れたものの、2区の山田依茉(1年)が14分23秒、3区の後藤彩香(1年)が10分06秒、4区の丸谷海友(3年)が10分15秒、5区の續子鈴央菜(1年)が17分38秒で、それぞれ区間賞を獲得。舟入ほか他校を上回った。昨年の優勝経験者は細迫のみであるが、山田、後藤、續子といった1年生の活躍が名門校としての強さを保った。

男女とも世羅は、昨年の優勝チームとして追われる立場にある。だが「我々はチャレンジャー。そういう意識はないです」と、新宅昭二男子監督は言う。新たに兜の緒を締め、12月の都大路に挑む。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/松山林太郎

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com