月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子・東海大相模が25年ぶり2度目V!白鵬女は2年ぶり都大路/神奈川県高校駅伝

神奈川県高校駅伝は11月7日、日産スタジアム付設マラソンコースで行われた。男子(7区間42.70km)は2時間7分47秒で東海大相模が優勝。25年ぶり2度目の都大路出場を決めた。女子(5区間21.39km)は白鵬女が1時間12分36秒で制し、2年ぶり13度目の優勝を果たした。

両角駿監督が率いる東海大相模。1区(10km)で湯野川創(3年)が29分57秒の区間賞で2位以下に9秒差をつけた。その後もそつなくこなし、5区・北山大翔(2年)、6区・瀬川航平(2年)と2年生が区間賞を獲得。7区は市川真優(3年)が、川崎橘の猛追を抑えて優勝した。川崎橘との差はわずか9秒だった。

女子は白鵬女が1区から好スタート。岡夢乃(2年)が区間賞の快走を見せると、2区で一度は川崎橘に先頭を譲るも、3区以降3連続区間賞で先頭へ。最後はベレイ・フィレヒヨットが逃げ切った。12秒差で川崎橘が続いている。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com