月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

九州学院が大会新の2時間4分35秒で41回目の全国へ、女子は千原台が後半抜け出し4連覇/熊本県高校駅伝

熊本県高校駅伝が11月6日、熊本市のえがお健康スタジアムを発着点とするコースで行われ、男子(7区間42.195km)は九州学院が大会新記録の2時間04分35秒で2年連続36回目の頂点に立ち、女子(5区間21.0975km)は千原台が1時間09分09秒で4年連続20回目の優勝を果たした。

昨年の全国高校駅伝で6位入賞した九州学院は、1区の竹割真(3年)が区間記録に迫る29分47秒で独走態勢を築くと、4区以降も区間賞を獲得して他校を寄せ付けず、2位の熊本工に3分近い差をつけた。3年連続で全国入賞している同校は、地区代表を含めて18年連続41回目の全国へ挑む。

女子は千原台は1区の山下彩菜(3年)がルーテル学院・中村日菜多(2年)に2秒先着してトップ中継。2、3区でも1秒差と中盤まで接戦だった。しかし、4区の濱﨑莉央(2年)、5区の西村美月(2年)が差を広げ、2位のルーテル学院に57秒差をつけてフィニッシュ。4年連続22回目の全国出場を決めた。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com