HOME 高校

2021.11.07

大分東明が7年連続男女V 男子は2時間3分38秒で11連覇、女子は最終区で決着/大分県高校駅伝
大分東明が7年連続男女V 男子は2時間3分38秒で11連覇、女子は最終区で決着/大分県高校駅伝

11月6日に行われた大分県高校駅伝は、大分東明が7年連続の男女優勝を果たした。男子(7区間42.195km)は2時間03分38秒で11連覇、女子(5区間21.0975km)は1時間13分42秒で7年連続10回目の優勝を果たした。今大会は新型コロナウイルス感染対策のため、昭和電工ドーム大分周辺の周回コースで行われた。

女子は1区の多田妃奈(2年)が20分08秒で区間賞を獲得するものの、2、3、4区と3連続区間賞の大分西の猛追を受け、最終中継所では、大分西に1秒リードされた。しかし、5区の竹原さくら(3年)が区間賞の走りで1分以上の差をつけてフィニッシュ。7年連続9回目の全国出場を決めた。

男子は全区間で区間賞を獲得する完全勝利。 中でも1区(10km)の柴戸遼太(3年)が29分35秒、3区(8.0975km)で留学生のダニエル・ディリツ(2年)が22分54秒、4区(8.0975km)の岩下翔哉(3年)が23分37秒と長距離区間で好タイムを叩き出した。

3区と4区で若干の距離変更があったため、参考記録だが31都道府県大会が終了した11月6日時点では今季最速タイム。2位とは9分近いリードを奪った。

男子は昨年の全国大会で9秒差で入賞を逃しており、20回目(11年連続)の全国出場という節目に、2年ぶりの入賞圏内を狙う。

11月6日に行われた大分県高校駅伝は、大分東明が7年連続の男女優勝を果たした。男子(7区間42.195km)は2時間03分38秒で11連覇、女子(5区間21.0975km)は1時間13分42秒で7年連続10回目の優勝を果たした。今大会は新型コロナウイルス感染対策のため、昭和電工ドーム大分周辺の周回コースで行われた。 女子は1区の多田妃奈(2年)が20分08秒で区間賞を獲得するものの、2、3、4区と3連続区間賞の大分西の猛追を受け、最終中継所では、大分西に1秒リードされた。しかし、5区の竹原さくら(3年)が区間賞の走りで1分以上の差をつけてフィニッシュ。7年連続9回目の全国出場を決めた。 男子は全区間で区間賞を獲得する完全勝利。 中でも1区(10km)の柴戸遼太(3年)が29分35秒、3区(8.0975km)で留学生のダニエル・ディリツ(2年)が22分54秒、4区(8.0975km)の岩下翔哉(3年)が23分37秒と長距離区間で好タイムを叩き出した。 3区と4区で若干の距離変更があったため、参考記録だが31都道府県大会が終了した11月6日時点では今季最速タイム。2位とは9分近いリードを奪った。 男子は昨年の全国大会で9秒差で入賞を逃しており、20回目(11年連続)の全国出場という節目に、2年ぶりの入賞圏内を狙う。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top