月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大分東明が7年連続男女V 男子は2時間3分38秒で11連覇、女子は最終区で決着/大分県高校駅伝

11月6日に行われた大分県高校駅伝は、大分東明が7年連続の男女優勝を果たした。男子(7区間42.195km)は2時間03分38秒で11連覇、女子(5区間21.0975km)は1時間13分42秒で7年連続10回目の優勝を果たした。今大会は新型コロナウイルス感染対策のため、昭和電工ドーム大分周辺の周回コースで行われた。

女子は1区の多田妃奈(2年)が20分08秒で区間賞を獲得するものの、2、3、4区と3連続区間賞の大分西の猛追を受け、最終中継所では、大分西に1秒リードされた。しかし、5区の竹原さくら(3年)が区間賞の走りで1分以上の差をつけてフィニッシュ。7年連続9回目の全国出場を決めた。

男子は全区間で区間賞を獲得する完全勝利。 中でも1区(10km)の柴戸遼太(3年)が29分35秒、3区(8.0975km)で留学生のダニエル・ディリツ(2年)が22分54秒、4区(8.0975km)の岩下翔哉(3年)が23分37秒と長距離区間で好タイムを叩き出した。

3区と4区で若干の距離変更があったため、参考記録だが31都道府県大会が終了した11月6日時点では今季最速タイム。2位とは9分近いリードを奪った。

男子は昨年の全国大会で9秒差で入賞を逃しており、20回目(11年連続)の全国出場という節目に、2年ぶりの入賞圏内を狙う。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com