月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子は富山商が30連覇 男子は高岡向陵が2年連続の全国へ/富山県高校駅伝

富山県高校駅伝は11月6日、富山県総合運動公園陸上競技場・周回道路(駅伝コース)で行われ、男子(7区間42.195km)は高岡向陵が全区間区間賞の2時間8分24秒で2年連続21回目のV。女子(5区間21.0975km)は富山商が1時間13分18秒で制し、30年連続30回目の優勝を果たした。

男女ともに優勝候補が実力通りの力を発揮した。男子の高岡向陵は1区の高森そら(2年)が区間賞発進し、その後も全区間区間賞で独走。2位に3分33秒差をつける大差で完勝した。

女子の富山商も1区の石正彩綾(2年)がトップで中継すると、2区以降も後続とのリードを拡大。全区間区間賞で他を圧倒し、2位に9分50秒差をつけて完勝した。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。高岡向陵は2年連続21回目、富山商は30年連続30回目の出場となる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com